■スミレ(菫)

トップページ > 季節の花たち > スミレ 更新日:2017年05月09日

スミレ(全体) 【科名】スミレ科 【別名】--
【撮影】2017年05月上旬 湯河原町・幕山

人里から丘陵まで日当たりのよいところに生え、高さは10cmぐらい。濃紫色の花が高貴!
茎は未発達で葉や花柄は束生します。(無茎種
近年、住宅地のアスファルトの隙間などから本種に似たスミレを見るようになり、「園芸品種の逸出だろう・・・」ぐらいに考えていましたが、ひょっとしたら本種かも?

普通「スミレ」と言えばスミレ科スミレ属の総称ですが、この子の名は単に「スミレ」。
横から見た花の形が大工道具の「墨入れ」に似るので「スミレ」との説は・・・定かではないようです。
スミレ(花・正面)スミレ(花・拡大)スミレ(花・横から)
上左:花は直径2cmぐらいで普通は濃紫色。色には変化があり、白花品もあるとのこと。
上中央:上左の拡大。側弁に毛がある。
上右:花柄も萼も無毛。距(後方に突き出た袋状)は長く、花弁と同じ濃紫色。(ヒメスミレの距は淡色)
葉 葉(拡大) :葉は長楕円状披針形で先は丸い。

:左の拡大。葉柄には翼がある(この子はあまり目立たない)。
ヒメスミレには翼はない。

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system