■シャガ(射干)

トップページ > 季節の花たち > シャガ 更新日:2010年05月16日

シャガ(全体) 【科名】アヤメ科 【別名】--
【撮影】2004年04月上旬 大和市・引地川

川の近くや山里の民家脇などの比較的湿った場所で群生します。高さは膝ぐらい。
葉は冬でも枯れず、緑のまま。一本にたくさんのつぼみが付きますが、同時ではなく次々に咲くようです。
花に実はならず、地下茎で増えていきます。
ほの暗い山道などで見かけると、その姿は少し妖艶。

【MWの関連ページ】千本桜

花(上から)花(斜めから)花(横から)
【撮影】2010年5月上旬 鎌倉市・広町緑地
花の直径は5cmぐらい。外花被片には突起した橙色の斑があり、周りに淡紫色の斑点。内花被片は少し細い。雌しべの花柱は細かく裂けて糸状。
よく見ると、とてもオシャレです。

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system