■セイヨウタンポポ(西洋蒲公英)

トップページ > 季節の花たち > セイヨウタンポポ 更新日:2014年04月29日

セイヨウタンポポ(全体) 【科名】キク科 【別名】--
【撮影】2004年04月中旬 藤沢市・引地川

日当りのよい野原や道端で咲きます。高さは10〜40cm。
葉はロゼット状(根生葉が地面に放射状に広がる)になり、裂け方は変化が大きい。
3月頃から咲き始めて花期は長く、温暖な地では冬でも見かけます。
ヨーロッパ原産の帰化植物で、現在は全国に分布します。
関東の都市部ではタンポポの主流派です。理由は、
1) 花期が長い。 2) 受粉しなくても結実する。 3) 悪環境でも順応できる。 とのこと。
セイヨウタンポポ(頭花) 総苞⇔外片拡大 :「花びらがたくさんある花」に見えますが、正しくは「小さな花の集合(頭花)」で、1枚の花びらに見えるのが1個の花(舌状花)。頭花は直径4cmぐらい。

カントウタンポポとの区別は総苞(頭花の基部で花全体を包む葉の集まり)を見ること。
総苞外片はセイヨウタンポポは反り返りますが、カントウタンポポは反り返りません。
】マウスポインタを画像に重ねると、画像が切り替わります。

綿毛 冠毛 【撮影】2007年05月上旬 平塚市・相模川

フワフワの綿毛。「フー」って吹いてみたくなります。
種(正しくは果実。痩果)には柄と羽毛状の冠毛があり、風に乗って飛び、落下傘部隊。

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system