■サンシュユ(山茱萸)

トップページ > 季節の花たち > サンシュユ 更新日:2006年10月29日

全体 【科名】ミズキ科 【別名】--
【撮影】2004年03月中旬 鎌倉市・海蔵寺

枯れ枝に黄色い花がついていました。「知らない花だな・・・何でしょ?」と帰宅後に調べたらサンシュユと判明。
「茱萸」を辞書で引くと「グミ」とあります。「あの赤い実のなるグミの仲間?」と思ったのですが、異なる科だそうです。
中国原産で薬用として渡来したそうです。早春の黄色い花と、秋の赤い実が楽しめるので、現在では庭木として人気のようです。

控えめな花花(拡大)
【撮影】2005年03月中旬 藤沢市・長久保公園

ひとつひとつの花は小さく、木の大きさに比べてずいぶん可愛いですね。
辞書には、「早春、葉に先だって、小枝の先に四枚の苞葉に包まれた小さな黄色の四弁花を球状に多数密集してつける。果実は酸味があるが赤く熟し食べられる。漢方では果実を乾燥したものを解熱、強壮薬に用いる。」とあります。

果実(液果) 【撮影】2006年10月下旬 藤沢市・長久保公園

秋に熟した赤い実。長さは1.5cmぐらい。
ツヤツヤで・・・おいしそう!

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system