■レンギョウ(連翹)

トップページ > 季節の花たち > レンギョウ 更新日:2012年04月11日

シナレンギョウ?(全体) 【科名】モクセイ科 【別名】--
【撮影】2004年03月下旬 平塚市・総合公園

庭木や公園で植栽を見かけます。
春、少しずついろんな花が咲き始める頃、この黄色い花も目立ちます。
同時期に咲くサクラばかりが話題になるので、「私も見て!」って感じですね。
シナレンギョウ?(花) 花は合弁花(筒状花)ですが、深く4裂するので「4枚の花びら」のように見えます。
葉が同時に出ていたのでシナレンギョウと思われます。

チョウセンレンギョウかな? 【撮影】2009年04月中旬 松田町・最明寺史跡公園

まさに見頃。わずかに葉も出ていましたが、チョウセンレンギョウのようです。

【MWの関連ページ】最明寺史跡公園
チョウセンレンギョウ?(花の拡大) 雄しべは雌しべより長く、葯はくっついているのかな?
「雄しべが長いのはチョウセンレンギョウ」との資料を見かけます。
レンギョウの仲間は雌雄異株(いしゅ)ですが、「雌しべが退化した雄株」って訳でもないようです。
総称レンギョウで一般的に見かけるのは以下の種類があるそうです。表にまとめてみましたが、合っているのかどうか、よく分かりません。
【参考】IPA 独立行政法人 情報処理推進機構 >> 教育用画像 >> レンギョウシナレンギョウチョウセンレンギョウ(新しいウィンドウで開きます)
比較表
花冠裂片 しべの優劣 植栽
レンギョウ 黄色。ややまばら。 やや丸みがある。 雌 > 雄 花のあとに葉が出る。
卵形。チョウセンレンギョウより丸い。3出状分裂もある。
下垂する。
シナレンギョウ 淡黄色。ややまばら。
下向きに咲く。
細長い。 雌 > 雄 花と同時に葉が出る。
長楕円形。チョウセンレンギョウより細長い。
直立・斜上する。 よく見かける。
チョウセンレンギョウ 濃黄色。密につく。 細長い。 雌 < 雄 花のあとに葉が出る。
卵形。3出状分裂もある。
弓なりに長く伸びる。 よく見かける。

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system