■パピリオナケア(Papilionacea)

トップページ > 季節の花たち > パピリオナケア 更新日:2014年04月30日

パピリオナケア(全体) 【科名】スミレ科 【別名】--
【撮影】2014年04月中旬 秦野市・渋沢丘陵

日当たりのよい丘陵で咲いていました。高さ10cmぐらいで無茎種
帰宅後、図鑑で調べるも名前が分からず、悩みました。「そうだ、花の色は除外しよう!スミレは花色に変化があるから。」と思い直し、大きさ、葉の形、側弁の毛、距の形を重点に図鑑を端から調べ直してやっと分かりました。
北アメリカ原産で観賞用に栽培されて野生化したとのこと。図鑑の花が紫色だったので、よく読まずに排除して調べていたのがミスでした。
それにしてもこの名前、覚えられない。何?ラビオリ毛穴?
白っぽい花(上から) 白っぽい花 花は普通、紫色。改良されて白色や白地に紫の小斑点などもあるようです。
このように白っぽくて中心が紫色の品種を「プリケアナ」と言うらしい。

園芸人気ゆえか花はやや大きく、直径2〜2.5cm。
何枚も撮影したのに逸出種。こんな豊かな里山に。
繁殖力が強い外来園芸花の栽培は要注意。
側弁に突起毛 萼片と距 :側弁の基部には白い突起毛が多い。

:距は太く短い。萼、花柄は無毛。

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system