■オミナエシ(女郎花)

トップページ > 季節の花たち > オミナエシ 更新日:2007年09月02日

ススキとオミナエシ 【科名】オミナエシ科 【別名】--
【撮影】2004年09月中旬 茅ヶ崎市・里山公園

ススキの隣にオミナエシ。秋の七草のひとつです。
近くにハギもあったけど、どうせなら七草すべてを一箇所に集めてくれたらうれしいな。でも、「厄介者」のクズ(葛)は一緒にできない?
似た花はオトコエシ。花は白色です。
全体 日当りの良い山野の草原などに生え、高さは腿腰。
地表近くはギザギザ(鋸歯)のある葉(ロゼット葉?)でこんもり。
茎に付く葉は「羽状に分裂する」とのことですが、分かれてない葉が多かったようです。

昔は普通に見かけましたが、最近はめっきり見かけませんね。
散房花序 花 :多数の花が集まって咲きます(散房花序)。横から見ると頭はほぼ水平。
:花は小さく、直径5mm弱。先端は5裂。

全体 【撮影】2007年08月下旬 箱根町・湯坂路

:黄色い花が華やかで、秋の山歩きが楽しくなるね。
:葉は対生し、しっかり羽状に裂けていました。(見づらい写真でごめんなさい。)

葉

【MWの関連ページ】飛竜の滝・湯坂路

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system