■オカスミレ(丘菫、岡菫)

トップページ > 季節の花たち > オカスミレ 更新日:2014年04月30日

オカスミレ(全体) 【科名】スミレ科 【別名】--
【撮影】2014年04月上旬 厚木市・白山山麓

日当りのよい場所を好むようです。高さは10cmぐらい。
花の色が濃く、鮮やかなので目立ちます。
周辺を確認してみましたが、見たのはこの一株だけでした。
同じ仲間はアカネスミレコスミレマルバスミレなど。
和名のいわれは「丘(岡)に生える」ってことでしょうか?
花(横から) オカスミレはアカネスミレの変種で、全体に微毛が生えるアカネスミレに対して、全体に無毛なのがオカスミレとのこと。

脱毛処理後のようにツルツル。距は細目で直線的。
花(正面)花葉
上左と中央:花は直径2cm弱で、紅紫色に紫色のすじが入る。側弁基部に白い突起毛がある。
上右:葉は束生し(無茎種)、狭卵形〜卵形(基部は心形)で浅い鋸歯がある。

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system