■オオイヌタデ(大犬蓼)

トップページ > 季節の花たち > オオイヌタデ 更新日:2014年10月22日

全体 【科名】タデ科 【別名】--
【撮影】2006年09月下旬 南足柄市・柴刈り路 見晴台

道端や荒地などで見かけます。特に河原や中洲では、ずいぶん大型化して群生している場合があります。ちなみに、この子の高さは膝ぐらい。
イヌタデより大きいのでこの名ですが、「大」の字をもうひとつ付けて「大大犬蓼」でも良いような貫禄です。
花序 花 :花序(花の集団)の大きさは小指ぐらい。重いのか、イヌタデと異なり、垂れ下がっています。
花の色は白〜淡紅色と個体差があります。

:ひとつの花は小さく、直径2〜3mm。花びらに見えますが、先端が4裂した花被(花冠と萼を合わせた総称。特に区別が難しい場合に使われる)だそうです。
葉 托葉鞘 :葉は細長く(披針形)、互生。

:葉の付け根の筒状の付属体(托葉鞘)は、ふちに毛がありません。

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system