■オウバイ(黄梅)

トップページ > 季節の花たち > オウバイ 更新日:2009年02月25日

オウバイ(全体) 【科名】モクセイ科 【別名】ゲイシュンカ(迎春花)
【撮影】2009年02月下旬 藤沢市・長久保公園

中国原産とのことで、観賞用に庭木や盆栽にされます。
早春、葉を出す前に花を咲かせ、黄色い花が愛らしい。
名に「梅」が付き、開花時期もほぼ同じ。枝は垂れ下がって「枝垂れ梅」っぽいですが、全然別の種類。ウメはバラ科。
同じ仲間には香りで有名なジャスミン。でも、オウバイには芳香がありません。
漢名(中国名)は「迎春花」。招福の名だね。これを音読して別名は「ゲイシュンカ」。
オウバイ(花)花(後から)花(中心拡大)
上左と中央:花の直径は2cmぐらい。高杯形で、長めの花筒の先が6裂して平開。5裂も見かけますが、少数派。
上右:中央に雌しべは目立ちますが、雄しべはよく見えません。
いずれにしても、花の形はウメと全然違うのに、どうして「梅」の名が付いたのでしょうね?不思議。

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system