■ニシキウツギ(二色空木)

トップページ > 季節の花たち > ニシキウツギ 更新日:2008年06月13日

ニシキウツギ 【科名】スイカズラ科 【別名】--
【撮影】2008年06月上旬 箱根町・仙石原湖尻自然探勝歩道

山地に生え、紅白の花が何だかめでたい。
ハコネウツギによく似ていますが、箱根の山にハコネウツギは自生しないそうです。【追記】最近、低地で自生が確認されたとのこと。
・淡黄白色に咲いた花は、のちに紅色に変化するので二色(にしき)。
・葉は対生し、ウツギ(ユキノシタ科)に似る。
ゆえにこの名、とのこと。

【MWの関連ページ】仙石原湖尻自然探勝歩道
ニシキウツギ(花) ベニバナニシキウツギ(花) :花の直径と長さは共に3cmぐらい。
ロート(漏斗)形の先端は5裂し、丸い柱頭の雌しべが目立ちます。

:つぼみの時から紅色の種類もあります。
ベニバナニシキウツギ(紅花二色空木)のようです。
シロバナニシキウツギ(つぼみ) シロバナニシキウツギ(花) 花が紅色に変化しない種類もあります。
シロバナニシキウツギ(白花二色空木)のようです。

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system