■ニリンソウ(二輪草)

トップページ > 季節の花たち > ニリンソウ 更新日:2012年05月12日

ニリンソウ(2個の花) 【科名】キンポウゲ科 【別名】--
【撮影】2006年03月下旬 横須賀市・前田川遊歩道

高さは20cmぐらい。日当りのよい場所に群生していました。
2個の花を付けることからこの名とのこと。でも、必ずしも2個とは限らず、1個や3個のものもあります。
2個の花は同時に開花するわけではなく、順序があるようです。写真のひとつは花柄も短く、まだつぼみです。

【MWの関連ページ】大楠山・衣笠山公園
花弁のような萼片 花の直径は2cmぐらい。花びら(花弁)に見えるのは萼片(がくへん)とのこと。
萼片は普通は5個のようですが、5〜7個ぐらいで色々。(この子は6個)
茎葉は3個が輪生し、ギザギザに切れ込んで、少し斑が入っています。

ニリンソウ(群生) 【撮影】2006年04月下旬 座間市・谷戸山公園

「わき水の谷」の一面に咲いていました。
清楚な花ですが、群生して咲くと華やかだね。

【MWの関連ページ】谷戸山公園・相模川シバザクラ

花 葉(根生葉) 【撮影】2011年04月下旬 津久井湖城山公園

:雄しべも雌しべも多数。

:根生葉。3全裂し、側裂片はさらに2裂。各裂片は細かく切れ込む。

【MWの関連ページ】津久井湖城山公園

ニリンソウ(横から) 【撮影】2012年04月下旬 松田町・虫沢川

横から見るとこんな感じ。
花弁ではなく萼片だというのも納得。

【MWの関連ページ】はなじょろ道と高松山・宮地山

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system