■ニガナ(苦菜)

トップページ > 季節の花たち > ニガナ 更新日:2008年06月13日

ニガナ(群生) 【科名】キク科 【別名】--
【撮影】2008年06月上旬 箱根町・仙石原湖尻自然探勝歩道

日当りのよい山野の草地に生え、高さは脛ぐらい。
群生すると華やかだね。
ジシバリ(別名:イワニガナ)は同じ仲間ですが、見た目は少し異なります。
切ると苦い乳液が出るのでこの名、とのこと。

【MWの関連ページ】仙石原湖尻自然探勝歩道
円錐状に分枝総苞茎葉
上左:枝分かれしながら先端に頭花を付けます。 上中央:総苞の長さは約7mm。 上右:茎に付く葉(茎葉)は広披針形で、基部は張り出して茎を抱いていました。
頭花(5個の舌状花) あれ? :「5枚の花びら」に見えますが、5個の小花(舌状花)の集合で、これでも頭花。
頭花の直径は1cmちょっと。
小花の数は5個が普通ですが、6個なども見かけます。

:舌状花の先端は5浅裂ですが、なかには・・・こんな子も。

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system