■ナギナタコウジュ(薙刀香じゅ:漢字の「じゅ」は草冠に「需」)

トップページ > 季節の花たち > ナギナタコウジュ 更新日:2013年10月24日

ナギナタコウジュ(全体) 【科名】シソ科 【別名】--
【撮影】2013年10月中旬 静岡県小山町・明神峠

山地や丘陵の道端などに生え、高さは脛〜膝ぐらい。全体に強い匂いがあるとのことですが、確認しませんでした。
花の色は違いますが、少しシモバシラっぽい感じ。
小さな淡紅紫色の花が並んで咲き、行儀がいいね。でも、少しの風でも揺れて、撮影は難しい。
花序(花がついている枝)が反り返り、花が片側に偏って付く様子から「薙刀」とのこと。でも、それほど「反り返る」って感じじゃなかったですけど・・・
この子を乾燥させて作る生薬が「香じゅ(草冠に需)」とのことです。

【MWの関連ページ】三国山・大洞山・立山
ナギナタコウジュ(穂状花序)花(横から)花(正面)
上左:枝分かれした枝先に花序(穂状花序)を出し、小さな花を片側に付ける。花の反対側は苞が並ぶ。
上中央と右:花は小さく、長さ5mm、直径1.5mmぐらいの唇形(しんけい)。縁は細かく裂けて毛のように見える。
苞 葉 :苞は卵形で先端が尖り、数個の花を包んでいる。

:葉は対生し、卵形〜狭卵形で縁には鋸歯がある。

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system