■ミゾソバ(溝蕎麦)

トップページ > 季節の花たち > ミゾソバ 更新日:2014年10月22日

ミゾソバ(全体) 【科名】タデ科 【別名】ウシノヒタイ(牛の額)
【撮影】2004年10月上旬 大和市・泉の森公園

川、池の縁などの湿ったところで群生します。高さは膝腰ぐらい。茎には小さなトゲがあるので気を付けてね。
用水路などで育ち、ソバ(蕎麦)に似るのでこの名・・・かな?(ちなみに、ソバも同じタデ科)
似た花にママコノシリヌグイアキノウナギツカミがあります。
花(上から) 花(横から) 左と右:ひとつの花は小さく、直径4〜5mm。5個の花びらに見えますが、正しくは5裂した花被(花冠と萼を合わせた総称。特に区別が難しい場合に使われる)とのこと。
この花は先端部がわずかに淡紅色。小さい花ながら、多数集まった姿は大きな金平糖(こんぺいとう)のようにも見えます。これが一面に咲くとけっこう華やか。

ピンクの花 牛の額? 【撮影】2005年10月中旬 大和市・泉の森公園

:こちらはピンク色が濃いですね。これが普通のようです。

:葉の先端はとがり、基部は耳形〜鉾形に張り出します。先端を下にしてみれば、牛の顔(額)を思わせるので別名はウシノヒタイ。

托葉鞘 【撮影】2014年10月中旬 鎌倉市・広町緑地

托葉鞘は筒形。縁は写真のように単に毛になるタイプと、C字形の葉のような付属体が付くタイプがある。

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system