■ミヤコグサ(都草)

トップページ > 季節の花たち > ミヤコグサ 更新日:2007年05月12日

ミヤコグサ(全体) 【科名】マメ科 【別名】エボシグサ(烏帽子草)
【撮影】2007年05月中旬 平塚市・相模川

日当りの良い川の土手で咲いていました。地を這って広がり、高さは10cmちょっと。
黄色い花がよく目立ち、園芸品種のような華やかさです。
和名のいわれは「都(京都)に多かった」の他に諸説あるようです。
花とつぼみ花と豆果葉
上左と中央:花の長さは1cmちょっと。マメ科らしい蝶形で、柄の先に通常2個の花を付けています。
果実(さや。豆果)は小さなドジョウインゲンのようで、長さは3cmぐらい。可愛いね。
上右:葉は5個の小葉で、3個+基部に2個。【参考】基部の2個は托葉とする説もあるようです。

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system