■マルバスミレ(円葉菫)

トップページ > 季節の花たち > マルバスミレ 更新日:2014年04月30日

マルバスミレ(群生) 【科名】スミレ科 【別名】--
【撮影】2005年05月上旬 秦野市/厚木市・大山北尾根

尾根の日当りの良いところに群生していました。
白い花が清楚。一面に咲くと華やかです。

【MWの関連ページ】大山北尾根
マルバスミレ(全体) 葉は卵円形で束生(無茎種)。葉が丸っこいのでこの名、とのこと。
高さは5〜10cmとやや小柄。可愛いね。
花(正面) 花(横) :花弁も葉と同じように丸っこい。
唇弁は紫色のすじが目立ちます。

:距(きょ。唇弁の後部が袋状に突き出した部分)
は白っぽいのや紫色を帯びたものあり。
距の後部がツンと上に曲がっている花が多かったようです。

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system