■マルバハッカ(丸葉薄荷)

トップページ > 季節の花たち > マルバハッカ 更新日:2007年08月05日

マルバハッカ(全体) 【科名】シソ科 【別名】アップルミント
【撮影】2007年07月下旬 藤沢市・境川

ヨーロッパ原産のいわゆるハーブで、香草として庭や鉢で栽培されますが、すでに野生化して土手で群生していました。
高さは膝ぐらい。葉を揉むと青リンゴっぽい香りがするので、別名はアップルミント。
花序(穂状)花葉
上左と中央:白く小さな花(花びらの直径は数ミリ)が穂状に密に咲き、雄しべと雌しべはツンツン飛び出ます。
上右:その名の通り葉は丸みがあり、対生。葉につやはなく、葉脈がへこんでしわが目立ちます。ハーブティーなどに使われるそうです。

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system