■マルバフジバカマ(丸葉藤袴)

トップページ > 季節の花たち > マルバフジバカマ 更新日:2006年10月09日

全体(上から) 【科名】キク科 【別名】--
【撮影】2006年09月下旬 南足柄市・二宮金次郎柴刈り路

植林の林道脇など、やや暗いところを好むようです。高さは腰ぐらい。
北米原産の帰化植物とのことです。
清楚な白い花ですが、ほの暗い中で出合うと少しあやしげ。

【MWの関連ページ】明神ヶ岳
花の付き方(散房花序)葉
上左:10数個の小さな花(筒状花)が集まって頭花となり、頭花はさらに散房状に多数付きます。
筒状花の先端は5裂し、2本に割れた白い糸状の雌しべ(花柱)を伸ばします。秋の七草のフジバカマに比べて、こんもりした感じです。
上右:その名の通り、葉は丸っこい。3深裂するフジバカマとずいぶん違います。

全体(横から) 【撮影】2004年09月中旬 鎌倉市・光則寺

秋の七草を探しに鎌倉へ。光則寺のフジバカマはまだつぼみ。
この子はひっそりと、でも力強く咲いていました。

【MWの関連ページ】大仏ハイキングコース

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system