■マメザクラ(豆桜)

トップページ > 季節の花たち > マメザクラ 更新日:2013年07月20日

マメザクラの特徴を少し調べてみました。
【分布】富士山と箱根山周辺部に多いことから、フジザクラやハコネザクラの別名もある。
【樹高】10mに満たない。小さな木でも花をつける。
【開花】3〜5月。葉とほぼ同時に開花。
【葉】卵状広楕円形ないし菱形。縁はギザギザ(重鋸歯)。
【花】1.5〜2cmと小さい。白色〜淡いピンクの5弁花で下向きに咲くのが特徴。

花 【科名】バラ科 【別名】--
【撮影】2002年04月上旬 秦野市・ヤビツ峠付近

ヤビツ峠から県道70号沿いに咲いていたマメザクラ。
平野部のソメイヨシノが散った後でも、丹沢・箱根の山ではその小さな花を健気に咲かせています。

【MWの関連ページ】丹沢表尾根

花 【撮影】2004年04月下旬 秦野市・小丸付近

小丸から鍋割山への稜線で咲いていました。
見頃をやや過ぎたようで、花びらはハラハラと風に運ばれていました。

【MWの関連ページ】鍋割山

花 【撮影】2002年05月上旬 山北町・檜洞丸

体の疲れを忘れさせてくれる美しさでした。
ソメイヨシノも良いけど、私はマメザクラが大好きです。

【MWの関連ページ】檜洞丸

花 【撮影】2005年05月上旬 秦野市/厚木市・大山北尾根

標高1200mぐらいでしょうか。まだ咲いているんだね。
あたりは雲の中。乳白色のベールに包まれ、小さな花は神秘的。

【MWの関連ページ】大山北尾根

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system