■クサノオウ(草の黄、草の王、瘡の王)

トップページ > 季節の花たち > クサノオウ 更新日:2010年04月27日

クサノオウ(全体) 【科名】ケシ科 【別名】--
【撮影】2010年04月下旬 鎌倉市・広町緑地

日当たりの良い草地や林縁で叢生し、高さは脛〜膝。(腿サイズ以上にもなるようです。)
黄色い花が目立ち、遠目にはヤマブキっぽい感じ。
傷付けると黄色い汁が出るので「草の黄」、この汁の薬効から薬草の王様とされて「草の王」、特に皮膚病に効くので「瘡(くさ)の王」、など名のゆえんには諸説あるようです。
【注記】かつては民間薬として使われたようですが、全草にアルカロイドを含む毒草とのこと。食べると中毒を起こします。

【MWの関連ページ】広町緑地
花序(散形状)花葉
上左と中央:6個程度の花が集まって咲き(散形状花序)、花の直径は3cmぐらい。花弁は4個、雄しべは多数、太目の雌しべが1個。
ナガミヒナゲシに似て、つぼみは毛深い2個の萼片を落として開花します。
上右:葉は複雑に切れ込みがあります(1〜2回羽状に深裂)。】マウスポインタを画像に重ねると、画像が切り替わります。

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system