■コハコベ(小繁縷)

トップページ > 季節の花たち > コハコベ 更新日:2006年04月11日

全体 【科名】ナデシコ科 【別名】--
【撮影】2004年04月中旬 藤沢市・境川

茎は暗紫色を帯び、やや匍匐性があるようです。
典型的な雑草ですが、小鳥の餌には最適。
春の七草(ハコベラ)ですが、花期は長く、秋ごろまで。

茎が緑色のミドリハコベと合わせて単にハコベと呼ばれるようです。

花(5弁花) 【撮影】2006年04月上旬 藤沢市・長久保公園

花は小さく、直径5mmぐらい。ミドリハコベと区別できません。
花びらは10個に見えますが、1個の花びらが深く切れ込んだ5弁花です。
同じ仲間に、直径15mmぐらいの大きな花を咲かせるミヤマハコベも。

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system