■コガンピ(小雁皮)

トップページ > 季節の花たち > コガンピ 更新日:2010年10月11日

コガンピ(全体) 【科名】ジンチョウゲ科 【別名】--
【撮影】2007年08月下旬 箱根町・湯坂路

日当りのよい山地や丘陵地を好むようです。高さは脛〜膝ぐらいで、これが「木」とは思えません。
変な名前ですねぇ。アフリカあたりの動物の名前のようです。
高級和紙の原料となるガンピ(雁皮)に比べて小さいのでこの名、とのこと。残念ながらコガンピの繊維は弱く、紙の原料にはならないそうです。

【MWの関連ページ】飛竜の滝・湯坂路
花 葉(互生) :花は小さく、長さ1cm程。淡紅色を帯びていましたが、白色もあるようです。
合弁花に見えますが、花びら(正しくは花冠)はなく、とのこと。萼筒の先端が4裂します。なるほどジンチョウゲミツマタと同種と納得。

:葉は長楕円形で密に互生し、らせん状です。

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system