■コバノタツナミ(小葉の立浪)

トップページ > 季節の花たち > コバノタツナミ 更新日:2010年05月16日

コバノタツナミ(全体) 【科名】シソ科 【別名】ビロードタツナミ
【撮影】2010年05月上旬 鎌倉市・広町緑地

海岸に近い畑や土手、山野を好むようです。
高さは10cmぐらいでした。付近でタツナミソウが群生していましたが、この子は小さいね。
タツナミソウに比べて背が低い(小柄)、葉が小さい、毛深いのが特徴。
別名は「葉に短毛が密生してビロードのような触感だから」とのこと。

【MWの関連ページ】広町緑地
花序(穂状)花(唇形)葉(対生)
上左と中央:赤味を帯びた茎の先に穂状花序を出し、一方に向いて花が咲きます。この姿が「泡立って寄せる波」に見えるので「立浪」。
花は淡青紫色〜淡紅紫色で長さ約2cm。基部からグンと筒部が立ち上がり、上部は口を開けて(唇形)下唇に斑点があります。
上右:葉は対生し、長さ1cmぐらい。かなり毛深い】マウスポインタを画像に重ねると、画像が切り替わります。

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system