■キバナアキギリ(黄花秋桐)

トップページ > 季節の花たち > キバナアキギリ 更新日:2010年07月11日

全体 【科名】シソ科 【別名】--
【撮影】2006年09月下旬 南足柄市・明神ヶ岳

山地のやや木陰を好むようです。高さは脛ぐらい。
黄色いサルビアって感じです。なるほど学名は Salvia nipponica
ついでに・・・ Salvia japonicaアキノタムラソウ。花の色は違うけど似ています。学名はどちらも「日本のサルビア」の意。

【MWの関連ページ】明神ヶ岳
花序(横から)花序(上から)花(横から)
:花は数段になって茎に付き、淡黄色のシソ科らしい唇形(しんけい)です。花の長さは3cmぐらい。
葉(ほこ形) 葉は対生し、形は三角状ほこ形(葉の基部が鉾のように出っ張っている)。縁はギザギザ(鋸歯)です。
けっこう虫に食われていました。

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system