■カキドオシ(垣通し)

トップページ > 季節の花たち > カキドオシ 更新日:2011年05月14日

カキドオシ(全体) 【科名】シソ科 【別名】カントリソウ
【撮影】2006年03月下旬 横須賀市・大楠山

大楠平で群生していました。同時期に咲く、同じシソ科の「キランソウかな?少し違うなぁ・・・」帰宅後、調べたらカキドオシのようです。
夏、花が終わると茎は倒れてつる状になり、地上を這うそうです。垣根を通り抜けて伸びることからこの名とのこと。
育つと高さ20cmほどになるそうですが、この時は5cmぐらい。まだ咲き始めだったから?

【MWの関連ページ】大楠山・衣笠山公園
花(正面・横)とつぼみ 花は長さ2cm、幅1cmぐらいの唇形で、そばかすがチャームポイント。
葉は丸っぽく(腎円形)、縁は鈍いギザギザです。
よく見ると、花も葉もちょっと毛深い。イヤ〜ン!

花(2個) 葉(対生) 【撮影】2007〜2009年04月上中旬

:花は葉腋から1〜3個。多くは2個。

:葉は対生し、腎円形で鈍い鋸歯がある。
花(正面) 花(横) 花は唇形で上唇は浅く2裂、下唇は3裂。下唇には白い毛がボウボウ。
雄しべ4個と雌しべ1個は上唇に沿う。

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system