■ジロボウエンゴサク(次郎坊延胡索)

トップページ > 季節の花たち > ジロボウエンゴサク 更新日:2009年04月25日

ジロボウエンゴサク(花・横から) 【科名】ケシ科 【別名】--
【撮影】2009年04月中旬 松田町・松田山みどりの風自然遊歩道

ハイキングコース脇で見かけました。高さは10cmぐらい。大きくても20cmとのこと。全体に線が細く、ひ弱な感じです。
同じ仲間のムラサキケマンに似ますが、ムラサキケマンは「背が高い。花数が多い。葉の形が違う。」など。
それにしても変な名前。
伊勢地方で、距(花の後方に伸びた袋状の出っ張り)がある花で、引っ掛けて引き合う遊びがあり、スミレを「太郎坊」、この花を「次郎坊」と呼んだから。
また、この仲間は地下に塊茎を作り、これが漢方薬でエンゴサク(延胡策)と呼ばれるから。とのことです。
ジロボウエンゴサク(葉) 葉は2〜3回3出複葉。
この子たちは少し白い斑(ふ)が混じっていました。
花(正面) 苞 :花の長さは2cm弱かな?色は紅紫色〜青紫色の変化があるようです。
花びらは4個。外側は上下で先端が2裂。内側は左右で先端が合着(がっちゃく)し、内部の構造が見えません。

:花柄の付け根の苞は卵型。

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system