■イワガラミ(岩絡み)

トップページ > 季節の花たち > イワガラミ 更新日:2013年06月15日

イワガラミ(全体) 【科名】ユキノシタ科 【別名】--
【撮影】2013年06月上旬 鎌倉市・東慶寺

山地の岩場などに生えるそうで、東慶寺では本堂裏の岩肌全面に広がり、花の頃は見事です。
【参考】東慶寺では特別公開されますが、期間と時間に制限があるのでご注意。外部リンク:松岡山東慶寺
つる性で気根(地上の茎や幹、枝から出る根)を出して他の木や岩に絡み付いて這い登るのでこの名、とのこと。
イワガラミ(花序) 直径10〜20cmの散房花序。
中央は両性花(りょうせいか)。小さな花が多数集まっています。
周囲の「白い花びら」のように見えるのが装飾花(そうしょくか)。1個の白い萼片は目立ちますが、花は退化して基部にわずかに痕跡があるだけ。この写真では装飾花は10個。
装飾花の萼片が4個ぐらいあるガクアジサイに比べて、ひ弱な感じ。
イワガラミ(幹) 岩肌全面に絡み付いていますが、大元はこの1本の幹とのこと。
花 葉 :両性花。球状は、つぼみ。白い花びらに包まれていますが、開花と同時に花びらは脱落し、雄しべ(10個)が目立ちます。

:葉は対生。

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system