■イヌタデ(犬蓼)

トップページ > 季節の花たち > イヌタデ 更新日:2014年10月22日

イヌタデ(群生) 【科名】タデ科 【別名】アカマンマ(赤飯)
【撮影】2003年10月中旬 伊勢原市・日向薬師近く

夏から秋、山野や道端などのやや湿った場所で見かけ、高さは脛膝ぐらい。よく群生しています。同じ仲間はハナタデなど。
「イヌ○○」とは「役に立たない○○」という意味、犬に似ているとか、犬の大好物・・・などの意ではありません。
葉に辛みがあり、刺身のつまに使われるヤナギタデ(柳蓼)と違い、辛みがないのでこの名、とのこと。
雑草ですが、私は好きです。

【MWの関連ページ】大山

全体 花序 【撮影】2004年09月中旬 茅ヶ崎市・里山公園

紅色の小さな花が先端に密に付きます。
まれに白い花や紅白混じった花も見かけます。

【MWの関連ページ】里山公園

茎と葉 花 【撮影】2010年11月中旬 藤沢市・境川 花期はずいぶん長い。

:茎の下部は地を這う。葉は広披針形〜披針形で先端はなだらかに細くなる。

:花は直径2mmぐらいで、少し開くだけ。花冠に見えるのは花被(花冠と萼を合わせた総称。特に区別が難しい場合に使われる)。

イヌタデ(群生) 托葉鞘 【撮影】2014年10月中旬 鎌倉市・広町緑地

:日当りのよい場所で群生していました。

:托葉鞘は筒形で縁に長い剛毛がある。剛毛の長さは托葉鞘と同じぐらい。

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system