■ホソエノアザミ(細柄野薊)

トップページ > 季節の花たち > ホソエノアザミ 更新日:2012年10月20日

全体 【科名】キク科 【別名】--
【撮影】2005年09月下旬 清川村・長尾尾根
【?】本種と判断しましたが、間違っているかもしれません。アザミの仲間は区別が難しいです。

高さは膝から腰ぐらいで、ハイキングコースの脇にあちこち咲いていました。
花は赤紫色がとても薄く、遠目には白っぽくも見えます。
同時期に咲く同じ仲間はアズマヤマアザミトネアザミ(タイアザミ)など。
細い柄の先に頭花がつくのでこの名、とのこと。

【MWの関連ページ】長尾尾根・新大日
頭花と総苞 頭花(小さな筒状花の集合)は横向きか下向き。基部(総苞)は細めで筒状。総苞片は反り返ってツンツンしています。

葉は羽状に中〜深裂し、裂片は開出(軸に直角に出る)するのが特徴とのこと。(他のアザミの仲間は前方に出ていたりします)
裂片の先は刺針があり、長くて硬く、触ると痛い。

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system