■ホウセンカ(鳳仙花)

トップページ > 季節の花たち > ホウセンカ 更新日:2011年09月12日

ホウセンカ(全体) 【科名】ツリフネソウ科 【別名】ツマクレナイ(爪紅)
【撮影】2011年09月上旬 茅ヶ崎市・里山公園

東南アジア原産で、高さは膝〜腰。ワサワサした感じです。
子供の頃は、はじける果実でよく遊んだものでしたが、最近はあまり見かけなくなりました。
漢名の「鳳仙花」を音読みしてこの名。別名は赤い花びらで爪を染めて遊んだことからツマクレナイやツマベニ。
英語では「a touch-me-not」とも。熟した果実に触ると種子をはじき飛ばすことから。
同じ仲間にはツリフネソウ
葉腋から数個の花 葉腋から数個の花を出します。
この子は淡紅色でしたが、 本来は赤色花。
今や品種改良で紫〜白までいろいろ。さらに八重や絞り模様などいろいろ。距のない品種もあるようです。
花(正面) 花(横から) :花の直径は3〜4p。花びら(花弁)は上と左右の3個。または左右の花弁は上下にふたつの花弁が合着したとみれば全部で5個。
】マウスポインタを画像に重ねると、画像が切り替わります。

:萼片3個のうち下の1個が大きく、袋状で後端は下向きに距となる。
果実(刮ハ) 果実(はじけた後) :果実(刮ハ)は葉腋に垂れ下がり、長さ1.5pぐらいで毛深い。

:果実が熟すと触れただけではじけて種子を飛ばします。(この子は少し若かった)
この感触が・・・楽しい!
葉 茎 :葉は互生。披針形で鋸歯の先端は細く針状。

:茎はがっちりしている。

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system