■ヒルガオ(昼顔)

トップページ > 季節の花たち > ヒルガオ 更新日:2006年08月08日

全体 【科名】ヒルガオ科 【別名】--
【撮影】2004年05月下旬 藤沢市・引地川遊歩道

道端や草地などで普通に見かけます。
花の色形はハマヒルガオとそっくり。でも葉の形が決定的に異なり、形は「ほこ形」、「やじり形」。また、つるで巻き付くところも異なります。
花期はやや長く5〜8月ぐらい。
つぼみ 歩道の生垣の上に出て、たくさんのつぼみを付けていました。
ヒルガオの特徴は、がくの外側にある、先のとがった卵形の2枚の苞(ほう)です。ちょうど大切なものを掌で合わせ包んだみたい。

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system