■ヒメスミレ(姫菫)

トップページ > 季節の花たち > ヒメスミレ 更新日:2014年04月30日

ヒメスミレ(全体) 【科名】スミレ科 【別名】--
【撮影】2014年04月中旬 秦野市・渋沢丘陵

人里の日当たりのよい場所を好むようで、この子は駐車場(?)の砂利に生え、高さは5cmぐらい。
背が低く、花も小さいので見落としてしまいそう。
ちっちゃいけど健気。気品ある濃紫色は素敵だね。(花色が青紫色に写っていますが、実際はもう少し紫色に近い。)
スミレによく似るが、スミレよりも小型なのでこの名、とのこと。
ヒメスミレ(横から) 葉や花柄は束生。(無茎種
花(正面)花(横から)葉(付け根)
上左:花は直径1.5cmぐらいで濃紫色。側弁には白い突起毛がある。 上中央:距は淡色。
上右:花期の葉は三角状披針形。基部は心形〜鉾形で鋸歯がある。葉柄に翼はない。葉は束生し、あまり立ち上がらず、地表に広がる感じでした。

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system