■ヒメフウロ(姫風露)

トップページ > 季節の花たち > ヒメフウロ 更新日:2009年05月15日

ヒメフウロ(全体) 【科名】フウロソウ科 【別名】シオヤキソウ(塩焼草)
【撮影】2009年05月上旬 静岡県小山町

中部地方と四国の石灰岩地に生えるとのことですが、はて?この子は御殿場線足柄駅近くの民家の石垣で見かけました。ひょっとして「似た園芸品種」かも知れません。
花は同じ仲間のゲンノショウコアメリカフウロに似ています。小さめの花なので「姫」の名のようです。
全体に塩を焼いたような臭気(どんな匂い?)があるので、別名はシオヤキソウとのこと。

【MWの関連ページ】足柄古道
ヒメフウロ(花)花(横から)と若い果実葉
上左と中央:花の直径は1.5cmぐらい。花びらは5個で淡紅色の2本筋がある。萼や茎はかなり毛深い。
上右:葉は3全裂(5裂も見かける)し、各小葉はさらに細かく裂けて1〜2回の羽状になる。

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system