■ヒカゲツツジ(日陰躑躅)

トップページ > 季節の花たち > ヒカゲツツジ 更新日:2007年03月31日

ヒカゲツツジ(花) 【科名】ツツジ科 【別名】--
【撮影】2007年03月下旬 相模原市(旧城山町)・かたくりの里

山地の斜面や岩場で育ち、群生することもあるようです。
花の直径は3〜4cmと小ぶり。雄しべは反り上がり、10本。ツツジにはめずらしい淡い黄色がかわいいね。
日当りの悪い場所でも育つので「日陰」の名、とのことです。個人的には朱色や紅紫色のツツジに比べて「か弱い」イメージゆえこの名、でもよいのでは?

【MWの関連ページ】かたくりの里・城山湖ツツジの特徴
葉の付き方 枝先に3個前後の花が付きます。
葉は細め(披針形)で、枝先の葉は輪生状に付いています。

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system