■ゴヨウアケビ(五葉木通、五葉通草)

トップページ > 季節の花たち > ゴヨウアケビ 更新日:2017年05月09日

ゴヨウアケビ(花序) 【科名】アケビ科 【別名】--
【撮影】2017年05月上旬 湯河原町・幕山

つる性で、明るい山地で見かけました。
アケビミツバアケビ自然雑種で、両親が生えているところでまれに見られるそうです。
残念ながら結実しないとのこと。
雄花と雌花があり、花の付き方(花序)が独特です。雄花は先端でブドウのように総状につき、雌花は基部側に1〜3個つきます。
見た目はミツバアケビとほとんど同じですが、小葉が5個なので、この名。
ゴヨウアケビ(葉) ミツバアケビと混生していましたが、アケビの花は見かけませんでした。はて?
小葉は5個。3個が混じることもあるらしい。
雌花 雄花 花は暗紫色でミツバアケビとほとんど同じ。

:雌花は直径15mmぐらい。花弁に見えるのは3個の萼片とのこと。円柱状の雌しべが複数。

:雄花は小さく、直径5mmぐらい。先端に10数個つきます。
若い葉 波状? 図鑑では「小葉のふちは波状の鋸歯がある」とのことですが、この子には「明瞭な波状鋸歯」はないようです。
中央小葉にはわすかな波状が見えますが、他の小葉は全縁に近いようです。
図鑑では「若いアケビは葉のふちが波状」とあり、勘違いしたのかと不安になりましたが・・・この花とこの葉は同じつるから出ていたと確信して、本種と判断しました。
】マウスポインタを画像に重ねると、画像が切り替わります。

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system