■ギンモクセイ(銀木犀)

トップページ > 季節の花たち > ギンモクセイ 更新日:2010年10月14日

ギンモクセイ(全体) 【科名】モクセイ科 【別名】--
【撮影】2010年10月上旬 藤沢市・長久保公園

中国原産で九州にも野生しているとのこと。花には淡い芳香があり、秋を告げます。
同じ仲間のキンモクセイに比べて香りは弱く、花数も少ないので見落としがちです。
庭木に使われ、西日本ではよく見かけますが、神奈川県ではあまり見かけない・・・と思います。
小花が束生葉腋に束生花(4深裂)
上左と中央:葉腋に小さな花を束生します。
上右:花は黄色を帯びた白色で直径5mmぐらい。4弁花のように見えますが、4深裂する合弁花。雌雄異株ですが、日本では雄株だけのようです。
葉(常緑) 葉は楕円形で対生。けっこう、虫に食われて痛々しい。

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system