■フタリシズカ(二人静)

トップページ > 季節の花たち > フタリシズカ 更新日:2007年06月24日

フタリシズカ(全体) 【科名】センリョウ科 【別名】--
【撮影】2007年05月中旬 秦野市・表丹沢県民の森

山野の林内に生え、同じ仲間のヒトリシズカに似ていますが、花の形が異なります。大きさはこちらがやや大型で、脛サイズ。
花穂(かすい。柄のない花が多数付いた花の軸)は1〜5本で、多くは2本なのでヒトリシズカに対してこの名、あるいは、静御前をもとにした能の曲名からこの名、とのことです。

【MWの関連ページ】櫟山・表丹沢県民の森
花(穂状花序) 花(拡大) 花軸の白い粒が花。でも、花びらも萼もなく、粒に見えるのは内側に曲がった雄しべの軸(花糸)。
ジャンケンの「グー」みたい。うーん・・・変な花!

花(花穂4本) 【撮影】2007年06月中旬 湯河原町・白銀ハイキングコース

この子は「ヨニンシズカ」ですね。(オイ!) 他にも本数はいろいろ。
このあたりはまだ咲き初めでした。

【MWの関連ページ】湯河原3コース

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system