■フキ(蕗)

トップページ > 季節の花たち > フキ 更新日:2012年07月04日

花 【科名】キク科 【別名】--
【撮影】2005年03月中旬 茅ヶ崎市・里山公園

雌雄異株とのこと。知りませんでした。雄性の頭花(小花の集合)は黄色っぽく、雌性の頭花は白っぽく見えるそうですが・・・この子はどちらでしょ?
球状の頭花を包んでいた苞(ほう)はトウモロコシの皮のようです。花後に出てくる大型の葉、特に茎(正しくは葉柄。茎は地上に出ない。)は食用になり美味。
ちなみに、花茎はさらに伸びます。特に雌株は脛ほどに伸び、最後はタンポポのような綿毛になります。その頃はもう誰も振り向かない?

【MWの関連ページ】里山公園
フキノトウ ツクシと共に春を告げる野草の代表、フキノトウ(蕗の薹)。
地上に出たばかりの若い花芽を摘んで食します。おとなの味。でも最近食べていないなぁ。最後に食べたのはいつでしょ?

【???】私は上の写真も「フキノトウ」と呼んでいますが、これは正しい言葉使いなのでしょうか?よく分かりません。

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system