■フジ(藤)

トップページ > 季節の花たち > フジ 更新日:2010年05月16日

フジ(全体) 【科名】マメ科 【別名】ノダフジ(野田藤)
【撮影】2010年05月上旬 藤沢市・新林公園

山野に生え、つる性で他の木に巻きついて成長します。観賞用としても好まれ、公園で藤棚として見かけます。
5月頃に長い総状花序を垂れ下げて、芳香のある花を咲かせます。
花は高貴な紫色。株によって濃淡があります。(薄い花を撮影すると「間抜け」に見えます。失礼な!)
別名の「野田」は、かつての名所の地名(大阪府)で、ヤマフジと区別する呼び名とのこと。
見分け方
巻き上げ方向 奇数羽状複葉の小葉 花序
フジ 右下から左上 多い(5〜9対) 長い(20〜100cm)
ヤマフジ 左下から右上 少ない(4〜6対) 短い(10〜20cm)
花序(総状) 花(蝶形) :花序は総状。長いもので1mに達するらしい。この子たちは30〜40cm。

:花は蝶形で長さ2cm程度。立ち上がる花びら(旗弁)は大きく、黄色を帯びる。
葉(奇数羽状複葉) 幹(右下から左上に巻き上がる) :葉は奇数羽状複葉で、この子は小葉が6対。
】マウスポインタを画像に重ねると、画像が切り替わります。

:藤棚の幹は「ひねり」模様。何本かを束ねて植えたのでしょうか?

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system