■エゾミソハギ(蝦夷禊萩)

トップページ > 季節の花たち > エゾミソハギ 更新日:2016年08月05日

エゾミソハギ(全体) 【科名】ミソハギ科 【別名】--
【撮影】2016年08月上旬 藤沢市・新林公園

山野の明るい湿地に育ち、よく群生します。
また、盆の頃に咲くので仏花や盆花として、田の縁などで栽培されます。
高さは膝〜胸。同じ仲間(ミソハギ属)のミソハギよりやや大型で、花が密につきます。
小さな花が集まって咲き、紅紫色が華やか。
エゾミソハギ 「蝦夷」の名ゆえ、北日本の植物かと思いきや、九州にも分布するとのこと。へー。
茎は上部で分枝し、葉腋に数個の花が咲きます(集散花序)。全体を見ると総状花序のように見えます。
花(正面) 萼筒 :花弁は普通6個(4〜6個)でシワシワ。花は直径1.5cmぐらい。
雄しべと雌しべの長さで3つの型があるそうで、この子は「短雌しべ型」。
長雄しべ(写真紺色の葯)6個、中雄しべ(黄色い花粉が見えている)6個、短雌しべ(見えない)1個

:茎は四角柱(4稜形)。茎や萼筒に短毛あり。
萼筒の先の針状(付属片)が直立するのがエゾミソハギ。ミソハギは開出します。
付属片 葉(対生) :萼筒の先端は6浅裂し、三角形の萼片の間に針状の付属片がある。
開花後は付属片は少し広がって斜上形。

:葉は対生。基部は茎を抱くとのことですが、はっきりしませんでした。
(無柄でついているように見えました)
表1 見分け方
葉の基部 萼片の付属片
ミソハギ 茎を抱かない 無毛 開出(主軸から直角に開く)する
エゾミソハギ 茎を抱く 萼や茎に毛がある 直立する

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system