■ボタン(牡丹)

トップページ > 季節の花たち > ボタン 更新日:2004年06月18日

雪囲いの中で 【科名】ボタン科 【別名】--
【撮影】2004年2月月中旬 鎌倉市・鶴岡八幡宮・牡丹庭園

中国原産で、もともとは薬用として渡来。現在では主に観賞用に栽培されています。
花は赤・白・桃など多種多様です。
個人的には、そんなにいじくり回して新しい品種を作らなくても・・・という気持ちもあります。

【MWの関連ページ】鎌倉花めぐり
「立てば芍薬(しゃくやく)、座れば牡丹、歩く姿は百合(ゆり)の花」で有名ですが、さて、シャクヤクとボタンの違いは?
パラリと調べたところ、「ボタンは木、シャクヤクは草」とのこと。ん?どういうことでしょうか?
例えば「冬になって地上部が残ればボタン、枯れればシャクヤク」だそうです。ん?と言うことは、花の名を知りたければ「冬まで待て」ってこと?
他に「ボタンの葉は2回羽状複葉、シャクヤクの葉は2回3出複葉」だそうです。・・・何ですか?それ。
ピンク色の花 赤い花

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system