■アレチハナガサ(荒地花笠)

トップページ > 季節の花たち > アレチハナガサ 更新日:2007年06月17日

アレチハナガサ(全体) 【科名】クマツヅラ科 【別名】--
【撮影】2007年06月中旬 藤沢市・境川

コンクリート堤防の隙間でグングン育っていました。高さは胸〜肩。でも、高いものは2mにもなるそうです。すごい!
その姿は実に荒々しい。なるほど、南アメリカ原産の帰化植物。全体は荒々しいけど、小さな淡紫色の花は可愛い。
園芸品種のヤナギハナガサ(柳花笠。別名、三尺バーベナ)と同じ仲間で、荒地に育つのでこの名、とのこと。
花(花序) 花(筒状5裂) 5裂した小さな花がポツポツ咲いていました。
花の直径は2〜3mm。体に似合わず小さいね。
茎(上部の葉は細い) 葉(地表部は幅広) 茎は四角く(辺は凹)、ザラザラで硬い。人の背ほどの高さに育つだけあって、力強いね。
対生する葉は上部は細く、地表部は幅広でした。

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system