■アメリカフウロ(亜米利加風露)

トップページ > 季節の花たち > アメリカフウロ 更新日:2006年05月28日

全体 【科名】フウロソウ科 【別名】--
【撮影】2006年05月上旬 綾瀬市・蟹ヶ谷公園

公園で見かけましたが、植栽しているのか雑草化しているのかよく分かりません。
高さは20cm程でしたが、育てば脛膝サイズにもなるようです。
葉は手のひらのよう(掌状)に深く裂け、各裂片はさらに切れ込んでいます。
その名の通り、北アメリカ原産の帰化植物とのことです。
花柄の先に複数の花 花 花の直径は1cm弱。花柄の先に複数個の花を咲かせます。なかなか清楚な感じです。
同じ仲間には秋に咲くゲンノショウコなど。なるほど花の感じは似ています。

果実(刮ハ) 【撮影】2006年05月下旬 綾瀬市・蟹ヶ谷公園

花の後、果実は小さなオクラのようで長さ2cm弱。
熟すと黒くなって縦に5裂し、基部のふくらみ(5個)にある種子を散らします。変な形(巻き上げてカールする)です。

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system