■アキノウナギツカミ(秋の鰻攫)

トップページ > 季節の花たち > アキノウナギツカミ 更新日:2014年10月22日

アキノウナギツカミ(全体) 【科名】タデ科 【別名】アキノウナギヅル(秋の鰻蔓)
【撮影】2014年10月中旬 鎌倉市・広町緑地

川や池の縁、湿地などの湿ったところで群生します。高さは膝ぐらいでしたが、絡まるものがあると刺(とげ)が引っかかって1mぐらいになるとのこと。
同じ仲間(タデ属)のミゾソバママコノシリヌグイに似ています。
茎に下向きの短い刺があり、「ウナギでもつかめる」ということでこの名、とのことですが・・・大げさすぎます。これでウナギを捕まえることは無理。それにしても変な名前!
アキノウナギツカミ(葉) 葉は卵状披針形〜長披針形。基部は茎を抱くように張り出し、中には「つきぬき形?」と思わせるような葉もあります。
葉の付け根から枝を出し、先端が花序になる。
花序 アブと :花(つぼみ)は直径2mmぐらいで密に集まって付きます。

:開花しても大きく開くことはないようです。
花冠に見えるのは花被(花冠と萼を合わせた総称。特に区別が難しい場合に使われる)で、先端は淡紅色。
刺葉の基部托葉鞘
上左:茎には下向きに短い刺がある。触るとザラザラし、痛くはありませんが、服に引っかかります。
上中央:葉の基部は矢じり形または後方に伸びて茎を抱くように張り出す。 上右:托葉鞘は筒形で先は斜めに切った形。(葉を外して撮影)
【参考】ミゾソバやママコノシリヌグイとの区別は葉の基部や托葉・托葉鞘を見ます。

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system