■アキノノゲシ(秋の野罌粟)

トップページ > 季節の花たち > アキノノゲシ 更新日:2012年10月31日

アキノノゲシ(全体) 【科名】キク科 【別名】--
【撮影】2012年10月下旬 藤沢市・境川

日当りのよい荒れ地や草地に生え、大きいものは人の背を越えるそうですが、ここでは高さは腰ぐらい。
大型ゆえ全体は荒々しい感じですが、淡い花(頭花)は小さめで可愛い。
こんな姿なのにレタスやサラダナと同じ仲間とのこと。へー。
春に咲くノゲシ(野罌粟。ハルノノゲシとも。葉がケシのように羽状に切れ込む。)に対してこの名、とのこと。
頭花のつき方(円錐状) 円錐状に多数の頭花をつけます。
頭花(正面) 頭花(横から) :頭花(小花の集まり)は直径2cmぐらいで、ふつう淡黄色。舌状花だけで筒状花はありません。

:総苞片の縁と花冠の裏は赤紫色を帯びます。
つぼみ〜花後羽状分裂の葉細長い葉
上左:つぼみ(総苞)は円筒形。昼間に開花して夕方にはしぼむとのこと。花が終わり小花が落ちると、雌しべの子房が膨らんで鶴首花瓶のよう。
上中央:下の葉は羽状に裂けていますが・・・ 上右:裂けずに細長い葉の株もあり、このタイプはホソバアキノノゲシとのこと。両種が混在しているのか、あるいはどちらか一方の変化の範囲内なのかよく分かりません。

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system