■アカカタバミ(赤片喰、赤傍食、赤酢漿草、赤酸漿草)

トップページ > 季節の花たち > アカカタバミ 更新日:2007年04月15日

アカカタバミ 【科名】カタバミ科 【別名】--
【撮影】2007年04月中旬 藤沢市・長久保公園

葉や茎が暗赤紫色を帯びるのでカタバミと区別してアカカタバミと呼ばれますが、区別しない資料もあります。
同じく食べると酸っぱい!
花(5弁花)花(6弁花)葉
上左と中央:花の直径は1cm弱。5弁花ですが、なかには6枚もあります。カタバミに比べて花の中央部は赤紫色を帯びています。
上右:葉はハート形の3個の小葉で、カタバミと同様に夜や暗い時は閉じています。カタバミより葉が小さめに感じます。

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system