■アブラナ(油菜)

トップページ > 季節の花たち > アブラナ 更新日:2004年06月18日

黄色い絨毯 【科名】アブラナ科 【別名】--
【撮影】2004年04月上旬 藤沢市・引地川

湘南台高校近くの畑で咲いていました。良く見ると手前はアブラナ、奥はカラシナでした。
アブラナは名前の通り「実を絞って油(菜種油)を採る」ため、カラシナもその名の通り「実を香辛料の芥子にする」ための栽培品種。
遠目では、まとめて「菜の花」ですね。
花 花びらは4枚。十字というよりH字ですね。

気になること・・・「菜の花」の定義は何でしょ?
もともとはアブラナの花のことのようです。でも、栽培品種も増え、今では「アブラナ科アブラナ属の栽培植物の総称」のようです。アブラナ、カラシナ、高菜、白菜、小松菜、キャベツ、ブロッコリ・・・などは「菜の花」ということですね。
更に、アブラナ科ダイコン属のカブやダイコンなども含めることがあるようです。更に更に、最近では園芸品種も増えて「菜の花」を名乗っているので・・・
結局は「あまり気にするな」ってことね。
葉 カラシナ(仲間には野沢菜やセイヨウカラシナなど)との違いは葉の付き方です。アブラナの葉は茎を巻くように(抱いて)付きます。

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system