■ヤブサメ(藪雨、藪鮫)

トップページ > 身近な鳥たち > ヤブサメ 更新日:2016年01月21日

時期 夏鳥。 大きさ 小さい。メジロよりも気持ち小さい。(L11cm)
環境・採食 山地や林のヤブ地や地上で昆虫やクモなど。
行動・動作 チョコチョコ跳ねながら移動する。尾羽を動かす。
特徴 雌雄同色。尾羽は短い。目の上に白っぽい筋(媚斑)、過眼線は黒褐色。頭から上面は淡い茶褐色。下面は白っぽい(汚白色)。嘴は黒っぽく、足は肉色。
鳴き声 普段は「チャッ、チャッ」、「チュッ、チュッ」など。
オス:繁殖期に「シシシ・・・」とさえずる。鳴き始めは弱く、しだいに大きくなる。
【参考】虫の音のようで、ヤブに小雨が降るような音なのでこの名、とのこと。
ヤブサメ(全体)
(1) ◆成鳥 2013年04月 伊勢原市
(1)、(2) は同一日時・同一個体。
小さくて、最初はミソサザイかと思いました。
茂みで2羽がピョンピョン餌探し中。つがいでしょうか?
尾羽は短いね。短い尾羽をしきりに振っていました。
白っぽい媚斑がオシャレ。
ヤブサメ(後ろ姿)
(2)
頭央線はありません。センダイムシクイには白っぽい頭央線があります。

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭次のページ>>
inserted by FC2 system