■ツバメ(燕)

トップページ > 身近な鳥たち > ツバメ 更新日:2016年01月21日

時期 夏鳥。 大きさ ハクセキレイより小さい。(L17cm)
環境・採食 農耕地や住宅地で、比較的低空を飛びながら昆虫類など。
行動・動作 人間を恐れず、民家の軒下などに泥・草・唾液を混ぜた巣を作る。
特徴 雌雄同色。額と喉は赤茶色。後頭部から上面は黒っぽく、光の反射具合で紺色にも。下面は白。他の鳥に比べて翼が長い。
鳴き声 普段は「チュピッ」など。
オス:繁殖期にいろんな声を複雑につないで早口にさえずる。(文字にできない・・・)
ツバメ
オス 2004年04月 藤沢市
尾羽は特徴的な燕尾形。
尾羽の長いオスの方がメスに人気で、イケメンのオスに出会うとメスは躊躇せず不倫。
より良い遺伝子を残したい本能なのでしょうが・・・つがいのオスは何も知らない。
巣
ヒナ 2004年07月 茅ヶ崎市
巣立ちまでもう少し。先に生まれたお兄さん(お姉さん)は大きいけど、まだまだ小さい子も。
カメラを向けると「何だこいつ」って感じで目をぱちくりしていました。
ツバメ(オス)
オス 2004年04月 秦野市・大倉
つがいで巣作りしていました。
尾羽の両端は長いですね。翼の先端位置と比べるとよく分かります。
ツバメ(メス)
メス 2004年04月 秦野市・大倉
通常はオスに比べて尾羽の両端は短い。
この写真は分かりやすいのですが、実際は尾羽の短いオスや長いメスもいるので識別は難しいです。
ツバメ(背)
成鳥 2004年04月 藤沢市
ツバメの腰は濃紺です。腰が白いのはイワツバメ
西日本に多いコシアカツバメはその名の通り赤茶色。
私はこちらに引っ越してきたとき、腰が赤くないツバメにとても違和感を感じたものでした。
ツバメ(幼鳥)
幼鳥 2004年06月 鎌倉市・フラワーセンター近く
巣立ったばかりの幼鳥。1羽の親鳥のそばに4羽が止まっていました。
尾羽の燕尾もまだ幼い。成鳥は両端の1本が長いのですが、幼鳥にはありません。
よく見ると嘴もまだ黄色。

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭次のページ>>
inserted by FC2 system